antigra®-bodyコンセプト①身体を感じることの重要性|吹田|肩こり腰痛改善フィットネススタジオ

Locofi-Lifeではantigra®-bodyコンセプトをベースにパーソナルセッションやパーソナルトレーニングを行っています。

antigra®-bodyコンセプトの1つ目のポイントは『自分のカラダを感じることができる』です。


例えば、慢性的な腰痛を持っている方に「腰の筋肉が硬くなっているので緩めてください」とお伝えしたとしても、その場で筋肉を緩めることができない方が大半です。なぜなら、普段から腰を1つの塊として捉えていることが多く、5つの骨に分かれていてそれぞれの関節で動きがあるという認識がほとんどありません。



「どうやって緩めるのですか?」や「どうやって動かすのですか?」と戸惑う方が多いです。

身体を動かす際には感覚が重要になります。感覚とは目からの情報やバランス感覚(前庭)、触られた感覚、関節を動かした時の感覚などたくさんあります。それらの感覚は身体を動かす時の道標になります。

感覚が鈍いというのは、現在地が実際の位置とは異なるカーナビのようなものでしょうか。カーナビの指示に沿って進んでいるつもりが、実際は間違っていてルートを外れてしまう。修正してもまた外れてしまう・・・。



様々な感覚が脳の中で統合され、関節の位置や物を扱う力加減など調整を繰り返しています。では、腰を1つの塊として捉えていたら、1つ1つの関節を動かすことはしないので、腰の筋肉からしたら緩む必要がなくなり1つの塊になれればいい、ということになります。

研究においても、猿の指を縫合する実験では一ヶ月で脳内にある中指と薬指の感覚領域で境目がなくなり1つの塊になることが確認されています。


一つの塊としてしか使わないとすれば、腰についている細かい筋肉を使う機会が減り、いわゆるアウターマッスルが働きやすくなります。アウターマッスルは持久的な力発揮は苦手なので、長時間の在姿勢や立位姿勢で筋肉のだるさや痛みが出てきます。


なので、Locofi-Lifeでは背骨を使う感覚を養ってもらうためのエクササイズを指導いたします。関節を細かく動かそうとすることで、現在の筋肉の状態では困難だと身体が感じ、勝手に筋肉が緩んでいきます。今まで動かそうとしていなかったことで、筋肉は必要に応じて緩んだり硬くなったりする必要がなかっただけで、細かく動かそうとすれば身体は変わってきます。



理学療法士のいる肩こり腰痛改善フィットネス・スタジオ

〒565-0861大阪府吹田市高野台1-4-2-2F

Tel:06-6170-2176

Mail:antigra@locofilife.com

#感覚 #腰痛 #腰の筋肉 #筋肉緩める #姿勢 #北摂 #吹田 #南千里 #パーソナルトレーニング #理学療法士 #肩こり 

​お問い合わせ

​お問い合わせフォーム
Email:

​antigra@locofilife.com

お問い合わせフォーム送信後、連絡がない場合はシステム上の不具合の可能性があるため、お手数をお掛けしますが、上記メールアドレスよりお問い合わせください。

住所:

大阪府吹田市高野台1−4−2