背中の動き(胸椎)の動きが少ないと、肩こりになりやすい⁈理学療法士のいるフィットネススタジオ|吹田南千里



男性よりも女性に多い印象ですが、背中(胸椎)の動きが少ない方が多いです。 

​​



胸椎は様々な動きが可能ですが、硬くなって猫背になってしまうと、肩甲骨は前に傾き、頭が前方に出てしまい、僧帽筋上部繊維や肩甲挙筋(いわゆる肩こり筋)に負担をかけることになります。 

​​

それだけでなく猫背になることで、胸郭(胸部)が内臓を圧迫し内臓の機能が低下したり、体幹の筋肉が働きにくくなったりします。 チェック方法としては、壁に腰、背中、頭をつけ、腰と壁の隙間を埋めます。踵は壁から話しても大丈夫です。その状態で手の甲と肘の外側を壁につけたままバンザイをします。 その時に腰が反ってしまったり、肘の外側や手の甲が壁ら離れてしまうと、猫背になっている可能性があります。 それを解消するのには、画像のような運動が効果的です♪是非、お試しください! 

​​




3回の閲覧

​お問い合わせ

​お問い合わせフォーム
Email:

​antigra@locofilife.com

お問い合わせフォーム送信後、連絡がない場合はシステム上の不具合の可能性があるため、お手数をお掛けしますが、上記メールアドレスよりお問い合わせください。

住所:

大阪府吹田市高野台1−4−2