正しい姿勢ではなく機能的な姿勢をとりましょう!機能的な姿勢では、肩こりや腰痛、膝痛が楽になる♪



一般的に上図の一番左の姿勢がいい姿勢と言われることが多いです。耳・肩・股関節・膝・足首を通るようにと、トレーナーに指導されることもあると思いますが、教科書的に正しい姿勢ですが、その方にとって正しい姿勢かどうかは別です。


それは一人一人、機能的な姿勢は異なっているからです!



みなさん関節の動く範囲や筋肉の硬さ、性別、年齢など様々な要因が違いますので、その方に合った姿勢を見つけることが必要になります。


病院や整骨院など、そして家族内でも「姿勢を意識してください」とか「姿勢が悪いですね」、「姿勢をちゃんとしなさい」などと言われることがあると思います。しかし、その正しい姿勢と思っている姿勢は、本当に正しい姿勢だと思いますか??


よくある間違いが"胸を張る"姿勢がいい姿勢だと思っていることです。しかし、胸を張りすぎると腰椎や胸椎(背骨)を反りすぎている場合が多く、正しい姿勢ではありません。

では、正しい姿勢って・・・って思いますよね?


正しい姿勢とは、その方にとって機能的であるかどうか、を基準にしています。


機能的な状態とは、例えば長時間立っていても腰が痛くなりにくいや荷物を持つときに楽に持ち上げることができる、楽に歩くことができる、スポーツのパフォーマンスが上がる、階段の上り下りが楽にスムーズにできる、などです。


姿勢や動作に共通するものが"コア"の機能です。よくインナーマッスルや深層筋、ローカルマッスルなどと呼ばれ、その中でも体幹の深層にある筋肉である横隔膜、骨盤底筋群、腹横筋、多裂筋などを指します。


これらのコアユニットの機能を高める姿勢を"正しい姿勢"として指導しております。

初めての方はその違和感と力の入り方の変化に驚かれます。


Locofi-Lifeに来れられるお客様のほとんど全員が正しい姿勢に違和感を感じておられます。それは今まで思っていた正しい姿勢とは異なっているということになります。

あなたの思っている正しい姿勢は本当に機能的ですか?


また、力の入り方では背中や腕の力で荷物を持ったりする方が多いですが、正しい姿勢になるとお腹や全身で荷物を持っているような感覚に変化します。


Locofilifeをご利用していただいている社会人アメリカンフットボール選手は、今までスクワットで背中や腰の筋肉にも張りを感じておられましたが、今ではスクワットでお腹に効くといっています♪


そして、コアの使い方が良くなったからなのか、肩や手首の故障も少ないとトレーナーからの情報もありました。


正しい姿勢を意識するだけで、本当に様々な良い変化が現れてきます。健康的な毎日を送るためにも、まずは姿勢に目を向けてみると良いかもしれませんね。


ご自身やお子さんの姿勢が気になる方、腰痛などの不安を抱えておられる方、スポーツのパフォーマンスを上げたい方、最近つまずきやすくなった方など、ご相談も受け付けておりますので、お気軽にご連絡ください♪



理学療法士のいる肩こり腰痛に強いフィットネススタジオ

〒565-0861大阪府吹田市高野台1-4-2-2F

Tel:06-6170-2176

Mail:antigra@locofilife.com

#姿勢 #正しい姿勢 #機能的な姿勢 #肩こり #腰痛 #自然とコアが使える #理学療法士 #吹田市 #南千里 #産後ケア #ダイエット #ゴルフ

15回の閲覧

​お問い合わせ

​お問い合わせフォーム
Email:

​antigra@locofilife.com

お問い合わせフォーム送信後、連絡がない場合はシステム上の不具合の可能性があるため、お手数をお掛けしますが、上記メールアドレスよりお問い合わせください。

住所:

大阪府吹田市高野台1−4−2