ギックリ腰は治らない⁉︎ギックリ腰を繰り返さないためにやるべきこととは?理学療法士のいるフィットネス・スタジオ|吹田南千里

ギックリ腰は「魔女の一撃」と例えられるほど痛みが強く、ひどい場合では動けなくなりますよね(-_-;)

​​

でも、いつもと変わらない動きでなることが多いと思います。 ぎっくり腰のクライアントに話を聞いても「歯を磨こうと前かがみになった時…」とか「掃除をしていて少し下のものに手を伸ばして…」など、特に普段通りのことをしてなることが多いですよね? 重いものを持ったりしなくても、関節には常に負担が掛かっています。 その中で気をつけてもらいたいものが、常に緊張している筋肉です!筋肉が緊張しているということは、関節は常に圧迫のストレスを受け、関節面への栄養が行きにくくなっています(~_~;) 

​​

コップに少しずつ水を入れるように、関節や靭帯、関節包、椎間板などに負担が累積されていきます。コップから水が溢れるように、許容範囲を超えると“ピキッ”と組織が損傷してしまいます。 これがぎっくり腰だと考えています。どこかしらの組織が損傷していますので、完全に元どおりにはなりません… そして、腰の筋肉を触って以上に硬い場合は、注意が必要です。常に緊張している筋肉はマッサージなどで一時的にほぐしてもまた硬くなります! 身体の使い方…脳自体を変えるように練習をする必要があります。 その身体の使い方を変えないと、またぎっくり腰を再発します。痛みが引いて治ったと思っていても、常に負担をかけ続ける身体の使い方は変わっていないので…それどころか繰り返している人は、背骨が変形していっているように思います_| ̄|○

​​

なるべく早い段階で対処することをお勧めします! ご自身で筋肉を緩めることができない方は、当店までご質問やご相談下さいm(_ _)m 

0回の閲覧

​お問い合わせ

​お問い合わせフォーム
Email:

​antigra@locofilife.com

お問い合わせフォーム送信後、連絡がない場合はシステム上の不具合の可能性があるため、お手数をお掛けしますが、上記メールアドレスよりお問い合わせください。

住所:

大阪府吹田市高野台1−4−2